Image of first carousel

特徴

植木のスイカがおいしい理由

なんと地理的環境からもスイカ栽培に適しているのに加えて、ビニール栽培で寒暖差を増幅させているそうだ。それに、放っておくとスイカは一つのツルにいくつも実をつけるそうだ。しかし、1つの実の甘さをマックスまで引き出すために、一つのツルにつける実は1つだけにしているそうだ。また、甘さを引き出すために水を与え過ぎないように気を付けているそうだ。水を吸い過ぎると甘味が落ちて水っぽいスイカになるそうだ。

また、ビニールハウスだから外部環境の影響を受けずに簡単に栽培できるように考えがちだが、そうではないみたいだ。夜な夜なハウスに出かけて温度や湿度の設定などを変更することもしばしばだとか。温度や湿度はタイミングがずれるとおいしいスイカはできないそうだ。またこういった経験から裏打ちされた情報は門外不出だそうだ。「うまいスイカのため。プライドと愛情を込めてるからおいしいよ」とニコニコしながら語ってくれた。