Image of first carousel

特徴

「森のくまさん」は、熊本県の県農業研究センターで、母「ヒノヒカリ」と父「コシヒカリ」を交配して作られた品種です。熊本県の平坦地域向け極良食味品種として、約8年の歳月をかけて開発され、熊本県初の県単独育成品種となりました。

平成9年から県の奨励品種として採用され、本格的な生産を開始され現在ではヒノヒカリと並ぶ熊本県内の主要品種となっています。名称の「森のくまさん」は一般公募で決まり、「緑豊かな「森」の都の熊本で生産された米」という意味が込められています。

お米の特徴は、米粒は、普通のお米よりやや細く、食感は弾力がありもちもちし、粘りが強いお米です。また味が良く甘味があって、登場したてのお米ながら、コシヒカリを凌ぐのではと言われています。