Image of first carousel

特徴

天草大王の特徴
イギリスの王室料理やフランス料理界では子羊の肉は最高の食材とされており、牛肉よりも価値が高いとさえいわれています。そのおいしさは世界が認めているといったところでしょうか。おいしいばかりではありません。調べてみると食品としての利点をいっぱい持った、理想的な食材だということが分かってきます。特に近年、ダイエットにも向いているということで注目を集めています。熊本に生息する我が国最大級の鶏(雄鶏の背丈90cm、体重が約7kg)のことで、天草地方で飼育されていることから、天草大王と名づけられました。

明治から大正時代にかけて天草地方で肉用種として飼われていましたが、昭和初期の不景気と大型種のため産卵率が低かったので絶滅したといわれています。
そこで熊本県農業研究センター(菊池郡合志町)が1992年(平成4年)から「ランシャン種」に「大しゃも」、「熊本コーチン」を交配し約10年の歳月をかけて2001年(平成13年)10月に原種天草大王の復元に成功しました。

肥後5鶏と称されている5つの地鶏(肥後ちゃぼ、九連子鶏、地すり、熊本種、天草大王)のうち天草大王だけが基礎鶏であるランシャンが日本では飼養されなくなっていたので復元が遅れていました。肉用種「天草大王」は産卵率を高めるため(生産性を高めるため)に原種天草大王と産卵率が高い「九州ロード」を交配して生産されてます。

そのお肉は100日もかけてゆったりじっくり飼育しますので肉量も多く、弾力のある歯ごたえ、コクのある味で、その大きさ(日本最大級の地鶏で雄の最大で約7kg雌で約6kg)味、どれをとっても一級品です(以前は博多の水炊きとして大変珍重されました)


指定された農場(この鶏を飼うことができる農家は現在天草地方でわずか4件だけです)でゆったり、じっくりと通常の2倍の100日をかけ丹誠込めて育てられる。 日本最大の肉用種 雄で最大約7kg 雌で最大6kg 熊本コーチンに次いで2005年3月15日特定JAS認定JSES-170314 特定JISとは? 特別な生産方法や特色ある原材料に着目した規格です。 弾力のある歯ごたえ、コクのある味でその大きさ、味、どれをとっても一級品です。